その時何を考える?

こんにちは😭店主です❗

さぁ、今回は
バースデイ
と言う番組から得た情報です❗

男子リレーの選手の
藤光謙二選手(当時31歳)
ずっと、日本男子リレーを
牽引していた選手。
しかし、ここ数年
素晴らしい若手の選手が現れ❗
オリンピック補欠。
世界陸上補欠。

悔しい思いをずっと胸に
秘めながらトレーニングをしていた❗

その時に藤光選手は
何を考えてトレーニングをしていたか?

『今起きている事実と向き合い
今自分が出来る事だけを
一心に頑張り続けていた。』
とコメントしていた。
そして、
迎えた世界陸上ロンドン大会
藤光選手は、日本代表補欠。
しかし、サニブラウン選手が怪我。
リレーアンカーの
ケンブリッジ選手のバトンミス
によりタイムロスにより
予選3位。
予選通過したが課題が残り
監督が藤光選手をなんとアンカーに
色々なリスクを背負うことも考え
託した❗四時間も話し合って…

結果は❗なんと
『銅メダル』

素晴らしい好成績を残した❗
その時に藤光選手がこうコメントした❗
『自分の走りをすれば自ずと結果はついてくる
と思いましたし✨サニブラウン・ケンブリッジ
の思いも考えたながら走っただけで
内容はあまり覚えていない❗』

やることはシンプル
ただ自分を信じるだけ。
そして、
補欠の悔しさ、辛さを
一番良く分かっている。
これからの選手にも気を使って
みんなで記念撮影をした。

一流の選手は、やはり一流の
メンタルが備わっている事を
感じたエピソードでした。

考え方を店主も学ぶことが出来ました❗

うっす





[PR]
by kizuna0119 | 2017-10-07 16:43
<< 人が人と付き合う理由 ポジティブな人と一緒にいると❗ >>